色々ブログ

よろしくでやんす

ブロックチェーン技術の本流

ブロックチェーン技術が使用されているものとして今最も話題なのは仮想通貨だろう。

Twitterのタイムラインを見てもビットコイン、イーサリアムなどといった仮想通貨の時価総額の上昇下降に一喜一憂している人や、今は無名だがビットコインのようにこれから高騰すると見込んで購入している人をよく見る。

 

ブログにも書いたが、一週間ほど前ブロックチェーンに関する学生限定の勉強会に出席した。詳しくはこちらを見て欲しい。

pipinosuke-w.hatenablog.com

そこで思ったのは実は仮想通貨のこの盛り上がりは、ブロックチェーン技術のポテンシャルのまだ氷山の一角ではなのではないかということだ。というか、今は通貨という概念がわかりやすいから先に流行っていると言うだけで、おそらく本流は別にあるような気がする。

 

ブロックチェーン技術の特徴として、権力分散性や耐改竄性、自律性がよく挙げられるがこれらの特徴を持ったブロックチェーンの技術を応用し、サービスとして社会にうまく接続せすることができば大きなポテンシャルを持った事業に成長するのではと思いました。

 

その具体例として

曖昧になりがちな著作権に関してのアーティストへの正当な収益分配

ブロックチェーン技術による堅牢かつ全員がアクセス可能なデータベース(サービスごとにアカウントを作る必要がない)

PCの余剰スペックのシェアリングサービス(同じスキームのサービスは色々出てきそうだなー)

golem.network

 

などがあった。

イーサリアムで採用されていることで有名なスマートコントラクトという技術を用いれば、決済なども自律してやってくれることを考えれば、はっきりとは言えないのだが革新的である

 

ブロックチェーンを活用した既存のサービスについてもっと知りたい。

まとめサイトみたいなのがあったら、数ある例から自分なりのしっかりしたブロックチェーンのイメージが描けそうなんだけどな。。

 

しかしまだまだ僕自身ブロックチェーンについて本質を掴んだ理解をしているわけではないと思う。もっと積極的に勉強会に参加し、ブロックチェーンをコードベースで理解することで本質を掴みたい。

主催者の森川さんとは喋ったことはないのだが、喋っている様子を見る限り、ブロックチェーン領域以外についても僕なんかより深い理解・思考をしているように見えた(まぁ当たり前なのだが)ので森川さん自身どういったことを考えているのかにも興味がある。

 

また7/13日にまた勉強会があるのでそれに出席して、ブロックチェーンの闇について究明を進めたいと思います。

Dockerで簡単にマルチドメインかつSSL証明 nginx-rpoxy&LetsEncrypt

Dockerを使ってVPS上にMstdonインスタンスを立ち上げようということで、

今までは同じVPS上にただのwebページを運用しているセキュリティみたいなことは特に考えなかったが、MstdonならさすがにやばいだろうということでSSL証明の導入した。

 

前回投稿したnginx-proxyを使ったマルチドメインの割り当て方法も非常に簡単で驚いた

pipinosuke-w.hatenablog.com

が、今回もびっくりするぐらい簡単だった。

本当にDocker有能です。超お手軽なのでインフラに興味ある人は勉強してみることをお勧めさせていただきます。

 

当然今までのdockerコンテナーもこれまで通り使いたいのでnginx-proxyと併用して使用できるこちら 

GitHub - JrCs/docker-letsencrypt-nginx-proxy-companion: LetsEncrypt companion container for nginx-proxy

を使う。 詳しくは正直わからないのだが、無料でSSL証明できるLets Encryptというサービスを利用するらしい。

 

docker-compose.yml :コピペでおk

nginx-proxy:
image: jwilder/nginx-proxy
container_name: nginx-proxy
privileged: true
ports:
- 80:80
- 443:443
volumes:
- ./docker-compose.d/certs:/etc/nginx/certs:ro
- ./docker-compose.d/htpasswd:/etc/nginx/htpasswd
- /etc/nginx/vhost.d
- /usr/share/nginx/html
- /var/run/docker.sock:/tmp/docker.sock:ro
restart: always

letsencrypt-nginx:
image: jrcs/letsencrypt-nginx-proxy-companion
container_name: letsencrypt-nginx
privileged: true
volumes:
- ./docker-compose.d/certs:/etc/nginx/certs:rw
- /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock:ro
volumes_from:
- nginx-proxy
restart: always

 

はい。あとはdocker-compose.ymlがあるディレクトリから

docker-compose up -d

を打ち込んでください。

 

docker ps で確認すると nignx-proxyとletsencrypt-nginxが動作しているはず。

 

あとはもうこっちのもんでございます。 起動したいイメージに3つ環境変数を設定するだけ。

docker run -e VIRTUALHOST=ドメイン名 -e LETSENCRYPT_HOST=ドメイン名  -eLETSENCRYPT_EMAIL=アドレス[docker imageID] 

このコマンドで設定している3つの環境変数についての説明だけ簡単にさせていただきます。(runコマンドで -eオプションをつけることで環境変数を設定できます)

・VIRTUAL_HOST マルチドメインに必要なバーチャルホストの設定 niginx-proxyで使う

・LETSENCRYPT_HOST= ドメイン名  hoge.comとかです

・LETSENCRYPT_EMAIL=メルアド 普通にメルアド

 

あとは勝手にプロキシされる。かつSSLされます

 

まとめ 

Docker可愛い&有能すぎて震える。。。。

今大学生だけど、結局テクノロジーが社会を変えると思うわけ 

僕は関西の大学生ですが、「起業したい」「ビジネスに興味ある」などいう友達がいます。

関西のそういう学生って「留学の斡旋」とか「新卒採用のイベント団体」みたいなものを立ち上げがちで、ツイッターとかでよく見ます。

確かに行動力は素晴らしいと思います。ですがビジネスやりたいとか言っておいて、やってるのそれ?と思ってしまいます。

なぜならそういった活動は事業のジャンルでいうといわゆる「人材系」な訳で、その領域は参入障壁が低いと言われます。要するにやろうと思えば誰でもできるということです。

現に同じことをやっている団体・会社がすでに腐る程いる。

圧倒的資本力と営業力を持つリク○ートなどの人材系サービスがひしめいている。

特に学生はリソースも差別化要因もないのに、竹槍で戦車に突っ込むようなものです。というか競合が多すぎてやりあう前に死んでしまう。

代表とかドヤ顔で学生誌のインタビュー受けてたりしますが、武器もなしにバリバリのレッドオーシャン選択しておいてよくドヤ顔できるなと。。

これが同じ大学で自分より多く経営・経済とか学んできたはずの先輩だったりするので、悲しくなります。(僕は経営学部です)

 

もっというと、そのような事業ってレバレッジが効かないです。(投入した資金、労力に対するリターンの伸びが悪い)

結局働いたぶんしか成果・収益が出ない労働集約型に帰結してしまう。今興味があって活動しているビジネスモデルがそれってもうセンスがないと思うんですよね。たくさんの人雇わないといけないとスケールしないしでもそうなったら人件費かかるし。(資本力があるとか他に掛け合わせる何かがあればまた話は変わってきますが学生がやっているものを見るとほとんどない)

一方今勢いのあるwebサービスはプログラムさえあれば働かなくても全世界に対し24時間勝手に稼働し拡大していきます。事業における最大のコストである人件費がかからない。ランニングコストはエンジニア数人分の人件費とサーバー代だけ。みたいな笑

かなり極端に言えばですが笑

 

話は変わって、前にWantedlyのCEO仲さんが紹介していた本を読みました。

www.amazon.co.jp

この本とか観てもらったらお分かりいただけると思いますが

原始時代、人類の食生活を火というテクノロジーが大きく変えました。

戦国時代、鉄砲というテクノロジーがそれまで強い騎馬隊がいれば強かった戦の仕方を大きく変えました。

近代、人類の労働生産性を機械というテクノロジーが大きく変えました。(産業革命

最近でいうとみなさんご存知の通り社会構造をWEB・スマートフォンが大きく変えました。

そしてこれから社会を変えるのはなんでしょうか?それはVRでありドローンでありこれから台頭する新しいテクノロジーなのです。

(更に言えばそういったテクノロジーの全ての根幹にあるのがプログラムです。)

 

先ほど説明したように歴史的な観点から見ても、みなさんご存知の通りここ最近のWEBから始まってスマートフォンが社会の構造を大きく変化させてきた様子からも、テクノロジーがこれからの社会を変え、未来の社会を作り出すのは明白です。ならばこうも言えるのではないでしょうか?


テクノロジーを理解することは未来の社会を理解することだと。

これからの人生、起業するにしてもしないにしても生きていく上で未来の社会を見通す力が必要であることは異論の余地がないと思います。

だから僕はテクノロジーを理解する必要があると思うし、その根幹にあるプログラミングを学ぶべきだと思うのです。

現に、最近勢いあるサービスのCEOってだいたいエンジニア出身です。普通に大きいAppleとかMicrosoftとかもそうですね

これからますますその傾向は強まるでしょう。

 

学生の話に戻りますが、商社とか銀行とかネームバリューのある企業の内定を嬉しそうに周りに吹聴する就活生。このような時代に商社とか銀行とかレガシーな企業に就職してどうするんでしょうかね?

ブランドとか本質的ではないものだけで判断しているとしか思えないです。

企業人気ランキングとか見ても、近い将来このような人材が殺到するレガシーな有名大企業がダメになるのも時間の問題でしょう。

もうひとつ付け加えさせていただきたいです。

営業やコンサル業界には実績・経験豊富な優秀なおっさんどもがひしめいています。

そんな中で実績・経験のない若者の営業マン・コンサルに依頼する人がどこにいるでしょう?一人前になるのに何年かかるでしょうまた、ただでさえ縮小していく日本市場の中で年功序列で出世して一人前になったところでいくら稼げるでしょう??

一方、新しいテクノロジーには新しいぶん老若男女実績も経験も関係ない、そして新しいテクノロジーの市場はどんどん拡大します。

新しいテクノロジーに関していうと柔軟な頭を持った若者のほうがむしろ有利です。

というかおっさんはできないです。だから僕ら若者にチャンスがあり、僕らが取り組むべきです。

 

にかかわらず、関西の学生の多くはテクノロジーに関心を示さない。

東京と比べてこんなに違うのかと思いました。特に事業家を目指している人とかでプログラミング勉強する姿勢がない、知らないということはその時点でテクノロジーの重要性を理解できていないわけですから、大丈夫かな?と思ってしまうわけです。

でも関西の学生が劣っているなんて絶対にありえないしこの差ってきっと環境のせいだなと痛感しました。ITやベンチャーは東京に集結していますから。

 

長々と長文を垂れ流しましたが僕が言いたかったことは、暇だったり進むべき方向性がわからないならプログラミングを勉強しようということです。

あとこれは文系学生にありがちですが、なんか議論するのが好きですよね。

このビジネスモデルが〜、とか世界平和が〜、とか。。

でも世界平和を本気で願っていても、友達と議論しているだけじゃ意味がない。

口じゃなくて手を動かし、課題を解決するサービスを作れと言いたいです。

これ就活にも言えると思うんですが、多分何を考えているかが大事じゃないんです。

問われているのはそれまでに何を生み出し、それでどういう成果をあげたかが大事なんです。

思考ではなく、行動・成果だけがあなたという人間を定義するのです。

 

僕自身休学して東京のスタートアップで働いてきた経験があり、東京ではプログラミングの重要性が学生に浸透しているのを感じたが関西に帰ると、営業とかよくわからないイベントとかやってる人が多くてがっかりしました。ますます差がつきそうです。 

将来の方向性で悩んでいる学生が多く何か役に立てたらという思いで書いたのと、ツイッターとかを見ているとテクノロジーに関して無知でプロダクトも作れないくせに起業してますみたいな雰囲気出して、関西の大学生の中で幅を利かせている現状に一石を投じる意味も込めてこのような投稿をするに至りました。

不快に感じた方も多いと思います。申し訳ありません。自分への戒めも込めて描かせていただきました。

もう完全にオナニーブログなので、このような啓蒙的な文章を書くのはこれが最初で最後にします。バレたら友達いなくなりそうだし笑

買おうと思っていたビットコインの技術書がなぜか無料で公開されてた件

前にブロックチェーンをのイベントに出席したのがきっかけでビットコインの技術書を買って勉強しようと思い立った。

 

開発者の方にどうやって勉強したらいいか聞いてみると「mastering bitcoin」という本が参考になると教えてくれた

↑英語版

日本語版もあった

 

まぁふつうに4000円とかするんですけど、あさっていたら

Translations – Mastering Bitcoin

このようなサイトを発見ww

9ヶ国語に翻訳されて、ご親切にも無料で公開されていた。。

 

ブロックチェーンの闇が深い感じが非常に気に入りました。

これからもブロックチェーンに関するTipsをまとめていく予定です。

 

ちなみに日本語版PDFはこちら(これ捕まったりしないよね?笑)

Translations – Mastering Bitcoi

 

 

PS このブログ良さげ 

muziyoshiz.hatenablog.com

ビットコインとイーサリアムの違い

勉強会でビットコインとイーサリアムについて説明してもらった。

説明を聞く前はどちらも仮想通貨であるぐらいしかわからなかったのだがどうやら決定的に違うところらしい。

整理する意味でも軽く書いておく。

 

ビットコイン

謎の人物が開発した最初の仮想通貨。

最初の取引は100BTCでピザ二枚と交換だったらしい。(現在のレートで100BTC = 15億)

全ての仮想通貨の祖みたいな存在。プログラミングでいうC言語みたいな感じなのかな。始まりの仮想通貨だからかビットコインを愛する開発者は多いらしくその分開発が盛んらしい。

 

イーサリアム

ビットコインにはない「スーマートコントラクト」という機能を持っている。

この機能がイーサリアムをビットコインに次ぐ第二の仮想通貨に成長させ、イーサリアム足らしめる要因になっているらしい。

 

スマートコントラクトとは

ある条件がなされた時に行われる取引をコードによってあらかじめ設定しておくことによって、人がいなくても自律的に取引を行うことができる機能。

このスマートコントラクトの画期的な点は、「自律する的に行われる取引」というところです。歴史上未だかつてないことです。

ブロックチェーン技術の特徴の一つである、分散性・耐改竄性があるからこそスマートコントラクトが実現可能なんでしょう。

 

スマートコントラクトによって、今まで取引を仲介してきた様々なものが最適化されやがて消えてしまうのかもしれません。

思い出して書いているので間違ってないか不安です笑

最近話題のブロックチェーンの勉強会に行ってみた

暗号通貨やらICOやらで「ブロックチェーン」という言葉を見かけることが最近多くなった。コロプラのオフィスでブロックチェーンの勉強会が開催されていたので行ってきた。

イベントの開催前に今回の主催者であるAltaapps CEOの森川氏がブロックチェーンについて開設した本を前もって読んでおいたのだが、学生限定の入門イベントということもあってかほとんどが本に書かれているものと同様の内容だったのが個人的に少し残念だった。

 

ブロックチェーン入門 (ベスト新書) | 森川夢佑斗 | Kindle本 | Kindleストア | Amazon

*この本自体は初心者でも非常にわかりやすくブロックチェーンの技術を説明してくれるので興味ある人はオススメです。

 

しかし話の中でブロックチェーンの技術を活用したサービスを紹介してもらったがそれが印象に残った。

余剰PCタスクをシェアリングできる「Golem」

これを使えばきっとハイスペックなPCを起動しておくだけでお金儲けできる

golem.network

分散型市場予想サービス「Anger」(僕は正直よくわかっていないが、ギャンブルに応用することができたりして、森川氏曰く面白いことになるらしい)

augur.net

一方で過度にブロックチェーンの期待が持ち上げられた結果、信用が崩れてしまう恐れがある。といっていたが、これは注目される新技術の宿命なのだなと感じた。

そして森川氏の言葉は銀行などのレガシーな文化に対し明らかに棘があり、ところどころユーモアが効いていて面白かった。

 

イベントに参加して毎回思うことではあるが、その分野の前線にいる人の言葉って金言でネットには落ちていない(というか探すことのできない)有益な情報を色々吸収させてもらえる。

用事のついでに東京都内の勉強会へ出席してみたが、こういたイベントで出会う学生から刺激を受けることも多く、これも毎回思うことだが面倒がらずにイベントに顔を出した方がいいなと感じた。普段いる関西はただでさえこういったイベントが少ない分、なおさらだ。

 

森川さんのプロフィールを調べていたら、「CARDANO LAB」という組織を見つけたんだがこれはなんだろう。

森川氏の会社のプロダクトである「AltaWallet」の開発もこのチームでやっているのだろうか。

ベトナムを拠点にしてブロックチェーンを使ったサービスの開発を行なっているっぽい。他にもブロックチェーンの開発をしている大学の先輩がいるのだが、その人もベトナムを拠点にしていた。ベトナムブロックチェーンに関する動きが盛んなのだろうか?

 

家に帰ってまとめていると疑問が出てきたので、Twitterで質問してみることにする。

分散・自立・耐改竄といった特徴を抑えることはできたと思うので今度ブロックチェーンのTipsについてQiitaとかあさってみよう

f:id:work-pipinosuke:20170706013407j:plain

 

 

Dockerを使って本当に初心者向けにプログラミングの初歩を教えてみた話

これをプログラミングというのかはわかりませんが。笑

初心者の方がプログラミングに興味を持ってもらえたらと思い企画しました。

 

Dockerがなかったら、mysqlの設定やwordpressとリンクさせたりするのですごい面倒というか大変なんですけど、

ローカルまでだと本当に簡単にwordpressのサイトを作れてしまいます。Dockerってすごい。

 

元になるイメージはこちらを利用させてもらい、

https://hub.docker.com/r/tutum/wordpress/

若干古かったのでwpのバージョンをアップデートしたdocker imageを今回使いました。

https://hub.docker.com/r/pipinosuke/latest-wp/

 

使用したスライドです。

docs.google.com

 

参加者の方はターミナルコマンドの説明で感動してくれたりして、懐かしい気持ちになりしました。

 

今は入門レベルですが、iosアプリやwebアプリを作るところまで行くのが目標です。

隔週でやっていきたいと思っています。プログラミングに興味をお持ちの神戸大生の方、もしよければご参加ください。