色々ブログ

よろしくでやんす

最近話題のブロックチェーンの勉強会に行ってみた

暗号通貨やらICOやらで「ブロックチェーン」という言葉を見かけることが最近多くなった。コロプラのオフィスでブロックチェーンの勉強会が開催されていたので行ってきた。

イベントの開催前に今回の主催者であるAltaapps CEOの森川氏がブロックチェーンについて開設した本を前もって読んでおいたのだが、学生限定の入門イベントということもあってかほとんどが本に書かれているものと同様の内容だったのが個人的に少し残念だった。

 

ブロックチェーン入門 (ベスト新書) | 森川夢佑斗 | Kindle本 | Kindleストア | Amazon

*この本自体は初心者でも非常にわかりやすくブロックチェーンの技術を説明してくれるので興味ある人はオススメです。

 

しかし話の中でブロックチェーンの技術を活用したサービスを紹介してもらったがそれが印象に残った。

余剰PCタスクをシェアリングできる「Golem」

これを使えばきっとハイスペックなPCを起動しておくだけでお金儲けできる

golem.network

分散型市場予想サービス「Anger」(僕は正直よくわかっていないが、ギャンブルに応用することができたりして、森川氏曰く面白いことになるらしい)

augur.net

一方で過度にブロックチェーンの期待が持ち上げられた結果、信用が崩れてしまう恐れがある。といっていたが、これは注目される新技術の宿命なのだなと感じた。

そして森川氏の言葉は銀行などのレガシーな文化に対し明らかに棘があり、ところどころユーモアが効いていて面白かった。

 

イベントに参加して毎回思うことではあるが、その分野の前線にいる人の言葉って金言でネットには落ちていない(というか探すことのできない)有益な情報を色々吸収させてもらえる。

用事のついでに東京都内の勉強会へ出席してみたが、こういたイベントで出会う学生から刺激を受けることも多く、これも毎回思うことだが面倒がらずにイベントに顔を出した方がいいなと感じた。普段いる関西はただでさえこういったイベントが少ない分、なおさらだ。

 

森川さんのプロフィールを調べていたら、「CARDANO LAB」という組織を見つけたんだがこれはなんだろう。

森川氏の会社のプロダクトである「AltaWallet」の開発もこのチームでやっているのだろうか。

ベトナムを拠点にしてブロックチェーンを使ったサービスの開発を行なっているっぽい。他にもブロックチェーンの開発をしている大学の先輩がいるのだが、その人もベトナムを拠点にしていた。ベトナムブロックチェーンに関する動きが盛んなのだろうか?

 

家に帰ってまとめていると疑問が出てきたので、Twitterで質問してみることにする。

分散・自立・耐改竄といった特徴を抑えることはできたと思うので今度ブロックチェーンのTipsについてQiitaとかあさってみよう

f:id:work-pipinosuke:20170706013407j:plain