色々ブログ

よろしくでやんす

ビットコインとイーサリアムの違い

勉強会でビットコインとイーサリアムについて説明してもらった。

説明を聞く前はどちらも仮想通貨であるぐらいしかわからなかったのだがどうやら決定的に違うところらしい。

整理する意味でも軽く書いておく。

 

ビットコイン

謎の人物が開発した最初の仮想通貨。

最初の取引は100BTCでピザ二枚と交換だったらしい。(現在のレートで100BTC = 15億)

全ての仮想通貨の祖みたいな存在。プログラミングでいうC言語みたいな感じなのかな。始まりの仮想通貨だからかビットコインを愛する開発者は多いらしくその分開発が盛んらしい。

 

イーサリアム

ビットコインにはない「スーマートコントラクト」という機能を持っている。

この機能がイーサリアムをビットコインに次ぐ第二の仮想通貨に成長させ、イーサリアム足らしめる要因になっているらしい。

 

スマートコントラクトとは

ある条件がなされた時に行われる取引をコードによってあらかじめ設定しておくことによって、人がいなくても自律的に取引を行うことができる機能。

このスマートコントラクトの画期的な点は、「自律する的に行われる取引」というところです。歴史上未だかつてないことです。

ブロックチェーン技術の特徴の一つである、分散性・耐改竄性があるからこそスマートコントラクトが実現可能なんでしょう。

 

スマートコントラクトによって、今まで取引を仲介してきた様々なものが最適化されやがて消えてしまうのかもしれません。

思い出して書いているので間違ってないか不安です笑