色々ブログ

よろしくでやんす

ブロックチェーン技術の本流

ブロックチェーン技術が使用されているものとして今最も話題なのは仮想通貨だろう。

Twitterのタイムラインを見てもビットコイン、イーサリアムなどといった仮想通貨の時価総額の上昇下降に一喜一憂している人や、今は無名だがビットコインのようにこれから高騰すると見込んで購入している人をよく見る。

 

ブログにも書いたが、一週間ほど前ブロックチェーンに関する学生限定の勉強会に出席した。詳しくはこちらを見て欲しい。

pipinosuke-w.hatenablog.com

そこで思ったのは実は仮想通貨のこの盛り上がりは、ブロックチェーン技術のポテンシャルのまだ氷山の一角ではなのではないかということだ。というか、今は通貨という概念がわかりやすいから先に流行っていると言うだけで、おそらく本流は別にあるような気がする。

 

ブロックチェーン技術の特徴として、権力分散性や耐改竄性、自律性がよく挙げられるがこれらの特徴を持ったブロックチェーンの技術を応用し、サービスとして社会にうまく接続せすることができば大きなポテンシャルを持った事業に成長するのではと思いました。

 

その具体例として

曖昧になりがちな著作権に関してのアーティストへの正当な収益分配

ブロックチェーン技術による堅牢かつ全員がアクセス可能なデータベース(サービスごとにアカウントを作る必要がない)

PCの余剰スペックのシェアリングサービス(同じスキームのサービスは色々出てきそうだなー)

golem.network

 

などがあった。

イーサリアムで採用されていることで有名なスマートコントラクトという技術を用いれば、決済なども自律してやってくれることを考えれば、はっきりとは言えないのだが革新的である

 

ブロックチェーンを活用した既存のサービスについてもっと知りたい。

まとめサイトみたいなのがあったら、数ある例から自分なりのしっかりしたブロックチェーンのイメージが描けそうなんだけどな。。

 

しかしまだまだ僕自身ブロックチェーンについて本質を掴んだ理解をしているわけではないと思う。もっと積極的に勉強会に参加し、ブロックチェーンをコードベースで理解することで本質を掴みたい。

主催者の森川さんとは喋ったことはないのだが、喋っている様子を見る限り、ブロックチェーン領域以外についても僕なんかより深い理解・思考をしているように見えた(まぁ当たり前なのだが)ので森川さん自身どういったことを考えているのかにも興味がある。

 

また7/13日にまた勉強会があるのでそれに出席して、ブロックチェーンの闇について究明を進めたいと思います。